ビブリオバトルat離山、開催します!

第37回ビブリオバトルを、夏の離山図書館で開催します。

読書会ビブリオバトルでは、参加者がそれぞれ一冊の本を持ち寄り、その本の「推し」を5分間で紹介します。

今まで手に取ったことのない本の新しい魅力に出会えるチャンスです。

参加者の推しポイントから読みたい本を投票し、チャンプ本を決めていきます。

友の会会員以外の方の参加も大歓迎です。

どうぞ奮ってご参加ください。詳細は以下の通りです。

図書館夏まつり二日目!

夏まつり二日目は中軽井沢図書館多目的室の外をパーテーションで区切って実施しました

ミニ古本まつり、子どものゲームコーナー(輪投げ、投扇、豆つかみ、魚釣り&あみだくじ)、

人気のラパンさんのふわとろオムライスも販売しました

特に午前中は子どもさんがたくさんご来場して頂き、元気に遊んでくれました

感染対策もきちんと行い、密を避けて、楽しくゲームしていただけたと思います

来年こそは、なんの気兼ねもなく、みんなで楽しめる夏休みになりますように!

第七回 図書館夏まつり「森山良子さんを迎えて」

8月6日~7日 友の会主催の「図書館夏まつり」が始まりました!

本日は「森山良子さんを迎えて」

一昨年、企画されていましたがコロナで中止を余儀なくされ、無事本日開催することが出来ました。

多目的室で人数を抑え約70名での開催です。こんなに少人数での開催は森山さんも初めてのご経験とのことでしたが、まるでファミリーコンサートのようなとても贅沢なものとなりました。

森山さんは今年デビュー55周年を迎えられました。「この広い野原いっぱい」をはじめ「涙そうそう」「さとうきび畑」等のヒット曲、朝ドラ出演でご縁のある「On the sunny side of the street」等々、90分にわたり素晴らしい歌声をご披露くださいました。透明感のあるのびやかなお声は、本当に清々しく心に染みわたり、情感あふれる歌声に涙をぬぐっている方もいらっしゃいました。

コンサートのあとは、司会をなさった高校時代の同級生、小宮山洋子さんとのトークショー

同級生ならではの高校時代の思い出話に花が咲き、心温まるひとときでした。

森山さんは「心に残ったコンサートは?」と聞かれるといつも「直前に開催したコンサート」とお答えになるとのこと。常に今が一番最高の状態で皆さんに聞いて欲しいという姿勢、デビュー当時から変わらぬ歌声をキープされていらっしゃるのは並々ならぬご努力がある事と思います。ご来場くださった皆様も、たくさんの元気を頂いたコンサートだったと思います!

明日、8月7日の10時~15時はサマーフェスタです。ミニ古本まつり、ゲームコーナー、ふわとろオムライスのミニカフェもあります。ぜひお越しください!

図書館夏まつりのお知らせ

いよいよ軽井沢の夏がやって来ました!

来週末、8月6日(土)、7日(日)両日で、くつかけテラス2階多目的室にて軽井沢図書館夏まつりを開催いたします。

6日(土)は歌手の森山良子さんを迎えて、待望の小さなリサイタルが開かれます。去年までのコロナ禍でずっと持ち越しになっていましたが、今年ようやくお迎えすることができます。

また7日(日)10:00〜のサマーフェスタでは、キッズコーナーやミニ古本まつりを設営いたします。

皆様お誘い合わせの上、ご来場ください。

・8月6日(土)14:00〜 森山良子リサイタル (くつかけテラス2階多目的室)

*チケット(¥2,500-)はくつかけテラスで販売しております。お一人二枚までです。詳細はくつかけテラス(0267-41-0743)までお問い合わせください。

・8月7日(日)10:00〜 サマーフェスタ (くつかけテラス2階フリースペース)

7月の蔵書整理

今月も友の会メンバー有志7名で蔵書整理のお手伝いをしました

著者、分類番号順に並べ来館者の皆様が見やすいように整理していきます

整理の途中に気になる本を発見!

次回借りたい本は忘れずにチェックしておきます(笑)

新着本もとっても豊富、わかりやすくディスプレイされています

そのほか、図書館の気になるコーナも蔵書整理の合間にチェック!
9月までは離山図書館も開館中です

最近は軽井沢も蒸し暑い日が続いていますが、それでも夏の高原での読書は最高!

ぜひ図書館へいらしてお気に入りの本をお借りください

第36回友の会主催ビブリオバトルを離山図書館にて開催しました

図書館友の会主催のビブリオバトルが、本日今季初開館を迎えた離山図書館で行われました。この読書会ビブリオバトルは、友の会主催で2014年にスタート、今日で36回目となりました。

読書会ビブリオバトルは、参加者がそれぞれ一冊の本を持ち寄り、5分の制限時間内でその本を順番に紹介していきます。紹介後参加者との質疑応答を経て、どの本を読みたいと思ったかという参加者の投票によりその日のチャンプ本が決まるというシステムです(チャンプ本へのご褒美は残念ながらありませんw)

本日はオブザーバーの皆様含め参加者は11人、多彩な9冊の本が集まりました。

チャンプ本には『ぼくを探しに』(シェル・シルヴァスタイン/倉橋由美子訳/講談社)と、『月とコーヒー』(吉田篤弘/徳間書店)が同点で選ばれました。

本日は友の会会員は5名で、あとは情報を得て「ビブリオバトルってどんなものだろう?」という興味で来てくださった一般の方々が多く集いました。

書籍流通の諸事情によるとは思いますが、本好きさんたちが思う存分意見や情報を交換できるブッククラブ、読書会の類は欧米に比べて日本はとても少ないと感じます。

軽井沢でのこのような機会を通して、気軽に本好きさんたちが集まれる機会と空間がどんどん増えることを願って、2ヶ月に一度、休まずビブリオバトルの活動を続けていきたいと思っています。

次回は9月7日(水)15:00〜、同じ離山図書館にて開催いたします。一般の皆様もお気軽にご参加ください。お待ちしております。

蔵書整理のお手伝いをしました

夏のシーズン到来に向けて、軽井沢図書館は館内メンテナンスのため、6/23〜6/30は休館となっています。

その初日今日、友の会会員が蔵書整理のお手伝いをしました。参加人数も多く、割り当てのほとんどの書架を整理することができました。

毎月蔵書整理のお手伝いをしていると、整理しやすい棚、分類が難しいカテゴリーなどが分かってきて、会員それぞれが得意なジャンルや好みの棚が決まってくるようです。

「小説は比較的やり易いけど、エッセイは難しいのよねー」

「文庫本はもう眼鏡かけないと出来ないわ」

整理をしている会員同士のおしゃべりのようですが、もしかしたら私たちは書架に並んだ本たちに話しかけているのかも知れません。

綺麗に整頓され、日頃ご来館くださる皆様だけでなく、夏に涼しい軽井沢を訪れる方々にも是非足を運んでいただきたい軽井沢図書館です。緑濃い林間に佇む離山図書館も7/1よりオープンいたします。

離山図書館ラウンジ文庫フェスタのお知らせ

軽井沢にあるもう一つの図書館、離山図書館が7月1日に開館します。涼しい山の中にある図書館は、夏の3ヶ月間だけ皆様をお迎えしています。その中のラウンジ文庫は友の会と軽井沢町協働の居心地の良い読書スペースです。

今年も開館にあたり、例年通りラウンジ文庫フェスタを開催して皆様をお迎えする予定です。以下の通り、読書会ビブリオバトル、軽井沢の散策など、楽しい企画いっぱいで皆様をお待ちしております。

なお6月23日より月末まで、軽井沢図書館が館内メンテナンスのために休館しておりますので、ラウンジ文庫フェスタについてのお問い合わせはくつかけテラス(0267-41-0743)宛にお願いいたします。

蔵書整理のお手伝いをしました

新緑爽やかな季節です

今月も友の会メンバー7名で蔵書整理のお手伝いをしました

お手伝いも2年ほど経過し、参加者も多かったこともあってか

過去最高数の本の整理ができました!

整理をしていると、来館者の方が手に取っている痕跡がわかります

「いま、こんなジャンルの本に興味を持っている方が多いのね」といった

想像をしながら、90分間神経を集中させて整理をしています

綺麗に見やすくなった本たち、どうぞご利用ください

蔵書整理のお手伝いをしました

コロナ禍で2か月お休みしていた蔵書整理を友の会メンバー6人で久しぶりに実施しました

国内外とも日々悲しいニュースが多いですが、柔らかな日差しにようやく訪れた春を感じながらの蔵書整理です

分類番号、作者名などをきれいに並び替え、利用される方が使いやすいよう本を並べていくと、こちらの気持ちもすっきりします

新しい本と出会い、世界をひろげてみませんか、ぜひ軽井沢図書館にいらしてください