離山ラウンジ文庫フェスタ 二日目

フェスタ2日目は例年行っている離山図書館の周辺ツアー、今年は離山に登りました

途中アカショウマやトチバニンジンなど、ひっそりと咲く植物を観察しながら、1時間15分余りで無事登頂。

頂上に着くと、「募集期間が終わっていたので一人で登りました」という方が待っておられて、その方や友の会会員を含めると総勢10名。

頂上からの眺めはあいにくの梅雨空で、しばらくすると雨が降り始めるなど、天候はいまひとつでしたが、怪我や事故もなく無事に離山図書館まで下山、充実した一日となりました。


この機会に離山図書館に始めて訪れた、という方も。貴重な文化財ともいえるこの建物や静かな環境、充実した資料など、離山図書館の良さを改めて認識いただけたかと思います。

離山図書館でビブリオバトルを開催しました

今日は軽井沢でも30℃に達する暑さとなりました。

7月1日から開館している夏の図書館、離山図書館は、それでも冷房要らずの涼しさです。

本日はこの離山図書館で、読書会ビブリオバトルが開催されました。

ビブリオバトルは、参加者それぞれがおすすめ本一冊を持ち寄って「推しポイント」を5分で紹介する読書会です。紹介された本の中から自分が読みたいと思った本に一票を投じてチャンプ本を選出します。

冬季の閉館期間が明けて間もないせいか本日の参加者は3名でしたが、ちょうど来館されていたご夫婦と話が弾み、オブザーバーとしてご参加いただくことができました。

本日の紹介本ラインナップは、

・和漢朗詠集/梁塵秘抄 川口久雄・志田延義校注

・人新世の「資本論」 斉藤幸平

・鳥を読むー文化鳥類学のススメー 細川博昭

の3冊で、オブザーバーご夫妻にも加わっていただいたチャンプ本投票では、『鳥を読むー文化鳥類学のススメー』が選出されました。

次回のビブリオバトルは9月10日(月)15:00〜。同じ離山図書館で行います。友の会会員以外の一般の参加者のご参加も大歓迎です。

離山図書館では、本日と明日、友の会と町協働のラウンジ文庫にてフェスタを開催しております。明日は「離山に登ろう」イベント(お問い合わせはkarui.sansaku2024@gmail.comまで)が開催されます。どうぞ奮ってご参加ください。

涼しい離山図書館でのひと時を、是非今年の夏の思い出の1ページに。

イベントへのご参加、図書館へのご来館をお待ちしております。

6月の蔵書整理ボランティア

図書館全体の蔵書点検とシステムのメンテナンス、館内の改装工事のため、中軽井沢図書館は今日から7月2日まで休館となります。その初日に蔵書整理のお手伝いを行いました。

これから多くの皆さんが訪れるシーズンを前に、実用書・専門書の書架に挑戦です。小説や随筆だと手慣れたメンバーも、分類が複雑で著者も多い実用書コーナーには悪戦苦闘。中には遠くの書架まで迷い込んでいる本も。これからプロの図書館スタッフのチェックを経て夏休みに向けて準備OK、というところでしょうか。

今回参加者が選んだ本はこの2冊でした

「アイルランドへ行きたい 新潮社」(歴史や雄大な自然が魅力の国、私も行きたい(笑))

「災害がほんとうに襲った時 みすず書房」(軽井沢と浅間山は切り離せない関係ですしね)

ところで、前回お知らせした7月5・6日の離山ラウンジ文庫フェスタ。「離山に登ってみよう」企画、少しずつご希望のリクエストも届いていますが、まだまだ余裕です。

一度登ってみたい、日ごろの運動不足を解消したい、という方はぜひどうぞ。

離山図書館ラウンジ文庫フェスタのお知らせ

梅雨前の貴重な晴れ間の陽射しが、林間に美しい陰影を作る軽井沢の今日この頃。

ニホンリスは巣立ちの季節を迎え、あちこちの枝に世の中への好奇心を瞳に湛えた活発な子リスの姿が見られます。

さて例年通り、もう一つの軽井沢の夏の図書館、離山図書館が7月1日オープンします。

涼しい山の図書館の中にあるラウンジ文庫は町と友の会協働の居心地の良い読書スペース。利用者の皆様が自筆の帯をつけて寄贈くださった本が並んでいます。帯の短い文を読むだけで寄贈者のその本への思いが伝わってくるようです。離山図書館で過ごす時間は、軽井沢のひと夏の思い出としていつまでも皆様の心に残ることと確信しております。

また友の会ではラウンジ文庫を皆様にご紹介するため、楽しいイベントをいくつかご用意してラウンジ文庫フェスタを行います。

フェスタ開催は、7月5日(金)、6日(土)の10:00〜17:00です。

この両日はラウンジ文庫にてミニ古本市を開催しています。

また企画イベントとして5日15:00〜はビブリオバトルが開催されます。それぞれが一冊のお気に入り本を持ち寄って推しポイントを5分で紹介する読書会で、自分ではなかなか辿り着けない本に思いがけなく出会うチャンスでもあります。会員以外の一般の方々のご参加を広く募集しております。さあ、お気に入り本を携えて離山図書館へGO!

6日は離山ミニハイキングが行われます。軽井沢を毎年訪れてはいても町を見下ろす離山に登ったことがない方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。この機会に、離山登頂150回を豪語する友の会会員と一緒にゆっくりと林間の美しい山道を散策しませんか。

途中の林道からでも町が一望でき、頂上からは目の前に浅間山を望むことができます。特に危険な場所はありませんが、急な階段や石がゴロゴロする勾配もありますので、歩き易い靴でお出かけください。

こちらは事前にお申し込みが必要です。メール(karui.sansaku2024@gmail.com)、または下記の申込書(軽井沢図書館にあります)にて7月3日までにお申し込みください。

離山図書館のご利用、フェスタへのご参加を会員一同心よりお待ちしております。

4月の蔵書整理のお手伝いをしました

GWの嵐の前の静けさを謳歌する軽井沢は、たくさんの花々が一斉に開花し、賑やかな小鳥たちの囀りに満ちています。

そんな4月最後の休館日に、軽井沢図書館では毎月恒例の蔵書整理が行われ、友の会会員6名がお手伝いに参加しました。

蔵書整理は、1ヶ月間の本の貸し出しによって時折間違った本棚に返されてしまう迷子本を、ルールによって決められている本来の場所に戻す作業です。これを毎月行うことによって、図書館の本はいつも整理されて、利用者の方がお目当ての本を容易に見つけることができるようになるのです。

図書館の整理法は、管理・運営を中心とした理論と実践を伴う学問、図書館学の中に組み込まれているシステムで、1829年のドイツに源流を発します。

今回の「蔵書整理を行うスタッフが気になった一冊の本」シリーズで、編集子はズバリ関連本を見つけました。

『ドイツ図書館学の遺産〜古典の世界』(河井弘志)

本はシステムとして組み立てられることによって初めて、万人共有の知識体系のアーカイヴとなり得ます。

その構造を垣間見る事ができるでしょうか。それはこの蔵書整理にまた違った意味を吹き込んでくれるのでしょうか。

こちら日本文化をこよなく愛するI村女史は、伝説の銀座マダムの本にロックオン。

『おそめ』(石井妙子)

川端康成、白洲次郎、小津安二郎らが集った銀座のバーのマダムの生涯を、本人に魅せられた筆者が5年間取材を重ねて描き切りました。

名だたる文化人を惹きつけてやまなかった女性の人生とは。

蔵書整理は単純な作業だけにはとどまらず、行う人にさまざまな興味や発見をもたらしてくれます。

友の会では新しい会員を募集しております。

このような活動にご興味のある方は、是非扉を叩いてください。一同心よりお待ちしております。

ビブリオバトルを開催しました

思いがけない大雪に何度も見舞われた今年の軽井沢でしたが、ようやく春の光が煌めき始めました。

町獣のニホンリスたちの被毛も夏毛の色に変わり始めました。

そんな中の一日、図書館多目的室にて友の会主催の読書会ビブリオバトルが開催されました。

お薦めの本を5分で紹介し、短い質疑をします。最後に、一番読みたい本に投票し、チャンプ本を選びます。

まだ別荘の方たちは来られていないこともあり、今日も参加者は少なく、4人でした。

エントリー本は、

『三島由紀夫』福島次郎

『八ヶ岳南麓から』上野千鶴子

『ムスコ物語』ヤマザキマリ

このヤマザキマリさんがご推薦の『世界はラテン語でできている』ラテン語

でした。著者ラテン語さんの本名は明かされていないそうです。

チャンプ本にはこの本が選ばれました。

友の会では2ヶ月に一度、このような読書会を開催しています。

次回は7月5日(金)15:00〜。

夏の間だけ開館する離山図書館にて開催します。

友の会会員以外の方も、夏の軽井沢の思い出の一つとして是非ご参加ください。

お待ちしております。

3月蔵書整理ボランティア

3/28(木)今年度最後の蔵書整理ボランティアを実施しました

今日は少数精鋭(?)の3名。ふだん小説を読まない力仕事担当のA氏ですが、小説の棚を整理中にカメラを向けられたので、思わず手にとったのが井上靖。
時代を感じる1冊です。

気がつけば、我が家の花壇にクロッカスの芽が!春はそこまで来ていますね

来週からは新年度、新生活を迎える方も多いと思います

軽井沢図書館友の会一同も、新しい皆さまとの出会いを楽しみにしています!

2月蔵書整理ボランティア

3/1 春の訪れならぬ大雪の訪れで3月を迎えた軽井沢です 今朝はこの冬三回目の雪かきでしたが、これくらいないと軽井沢の冬という気がしないかも…

昨日、メンバー5名で蔵書整理のお手伝いをしました

冬の図書館はとっても静か こんな季節こそゆっくり本を選んでみてはいかがでしょう

さて、恒例となりました参加メンバーが整理中に見つけた気になる一冊まずは、公私ともご多忙の中頻繁に蔵書整理に参加してくださるI永さん

『ふたつの夏』(小学館 谷川俊太郎/佐野洋子)

ふたりの夏、ではなく、ふたつの夏…なのですね 軽井沢に所縁のあるお二人の合作、どのような夏物語が展開されているのでしょうか (個人的に)佐野洋子さんと言えばやはり「100万回生きたねこ」この絵本は子どもの頃より50歳過ぎて読んだ時の方が心に刺さりました 不朽の名作です

さて次は「蔵書整理連絡係」の私、K田

『カラヤンがクラシックを殺した』(光文社新書 宮下誠)

私の実家は芸術とは無縁の家ですが、なぜか父親はクラシック特にカラヤン好きで、物心ついた時から毎週日曜(そのころは土曜休暇なんてなかった)朝から大音響でレコードがかかっていました 

カラヤンについてはもともと賛否両論ありますが、ずいぶん刺激的なタイトルなので久しぶりに興味が湧きました~

おまけ 「Z世代は、句読点がつくと怖いという」という記事を読みました

LINE等の文章の最後に 。 がつくと「この人怒ってるの?」と思う人もいるとか 確かにLINEやXはつぶやきなんだから、句読点が必要なほどの文章を長々書く手段ではないとはよく聞きます でもこれも文化、ここにいちいちマルハラだなんだと言われるとちょっと…ね

「優しさにひとつ気がつく×でなく○で必ず終わる日本語」

さすが俵万智さん、素敵です

蔵書整理は毎月最終木曜の休館日に併せて実施しています 次回は3/28(木)10:30~12:00を予定しています

ビブリオバトルを開催しました

今週軽井沢に2年ぶりに大雪が降りました。

降雪から3日経っても森は残雪が深く、出歩くには少々不便を伴う日が続きます。

そんな中、友の会会員による読書会ビブリオバトルが開催されました。

ビブリオバトルはそれぞれ一冊の本を持って集まる参加者が、5分間の持ち時間でその本を紹介する集まりです。一人で本を選んでいるとどうしても傾向は偏りがちですが、こういう集まりを通して普段手に取らないような本に出会えるのも、本好きメイトとしては楽しいものです。

本日は足元の悪さもあり、参加者は催行ギリギリの3人でした。

紹介された本は

『読んでいない本について、堂々と語る本』(ピエール・バイヤール著/大浦康介訳/ちくま学芸文庫)

『ぼくはあと何回、満月を見るだろう』(坂本龍一著/新潮社)

『胎児の世界〜人類の生命記録〜』(三木茂夫著/中公新書)

の3冊でした。

どの本を読みたいと思ったかという最後の投票では『胎児の世界〜』が選ばれました。

個体発生は系統発生を繰り返すというヘッケルの反復説への独特の思想を伴ったオマージュ、あなたならどう読みますか?

ビブリオバトルは2ヶ月に一回、本の感想や個人の読書感をおしゃべりを交えて楽しく交歓しています。

友の会会員以外の一般の皆様の参加も大歓迎です。

次回は4月11日(木)15:00〜 軽井沢図書館多目的室にて開催予定です。

ご参加を心からお待ちしております。

蔵書整理のお手伝いをしました

毎月第4木曜日は軽井沢図書館の蔵書整理のお手伝いをしています。

図書館の本は全て、一定のルールによって書架に収められていますが、貸し出しが行われる1ヶ月の時間の中には元の住所に辿り着けない本もあります。

そんな本たちを決められたルールに従って元の場所に返すことにより、利用者の閲覧本や借り出し本を見つけ易くするために蔵書整理は毎月行われています。

友の会ではそのお手伝いをしながら、会員も楽しんでしまおう!ということで、蔵書整理でさまざまなジャンルの書架に接しながら見つけた「この本読んでみたい!」と思う本を毎月2名に挙げてもらっています。

今月は・・・・・

今月から図書館友の会会員となられて小説の書架を担当していたT村さんを早速ロックオン。初めての蔵書整理の感想とともにお聞きしました。(友の会では常時T村さんに続く会員を募集しています!)

「いやー、タイトルを追うだけで精一杯。一瞬気が遠くなりかけました・・・」

うんうん。分かります。最初は細かいラベルや著者名を必死で追うので、失神しかけるんですよねw

そんな中で選んでくれたのは同じシリーズの

『家守綺譚』『冬虫夏草』(梨木香歩/新潮社)

です。

同じ主人公が二篇を貫いて訴える不思議な体験。著者の梨木さんは長野県内にも拠点をお持ちで、作品の中にはさまざまな草木が登場して活字にニュアンスを与えるようです。

いやー、排泄物をどう処理するかって生活の一番、一番基本ですから。その処理技術は民度を表しますから。

『便所の民族誌』(斉藤たま/論創社)

いかに清潔に、いかに何事もなかったようにすましてコトを終えることができるのか。

系統立ててその命題に取り組んできた我が国の「便所」から見える大真面目な民族論。

図書カード持ってきて借りようと思いました。(編集子)

本好きさんにはたまらないこういう作業をお手伝いしてくださる方、是非是非友の会の扉を叩いてくださいね!!

来月は22日(木)10:30〜の予定です。

本好きさんのご参加、心よりお待ちしております。